「ほっ」と。キャンペーン
2012年 08月 26日

洋食屋田能久のオクラのフリット

半日休日出勤し、遅いランチに選んだのは、高崎市にある洋食屋田能久


いつもはメインかデザートを大きく取り上げることが多いのですが、今回は前菜を。
オクラのフリットです。
d0199351_2048389.jpg

残暑厳しい日だったので、冷たい前菜が出てくるのかと思っていたらそうではなく、逆に新鮮でした。
しかも、表面にふりかけてあるカレー塩、これがアクセントになって絶品!!
ネバネバ系があまり得意ではないワタクシですが、あっという間に食べ終えてしまいました^^
メインやデザートより印象深かったと言っても過言ではないくらい、感動でした。








d0199351_2055572.jpg
d0199351_2055578.jpg
d0199351_2056679.jpg

そうそう、この日は知り合いの方が多くいらっしゃってました。
エルニーニョさん、コーリンさん、Mコーリンさん、o_k_dさん、ありがとうございました!!
田能久さん、ご馳走様でしたm(__)m
[PR]

by koshi-tama | 2012-08-26 21:11 | おいしいもの | Comments(10)
Commented by kaopan56 at 2012-08-27 10:29
田能久さんで、皆様に逢えると、ヨロコビ2倍だよね♡
かおも行きたいよーっ(´д⊂)‥ハゥ
禁断症状が出てるの。ああ行きたいよーっ
しくしく。
Commented by o_k_d at 2012-08-27 15:16
お忙しそうですが、偶然久しぶりにお会い出来て良かった!お陰様で楽しいランチになりました♪
ほんとこのフリットはボクも感動的な美味しさでした☆
あの軽い食感と風味が忘れられない!

ご主人に紹介して頂きありがとうございました♪
他の皆さんもお仲間だったのですねー!お名前は存じ上げております~
ボクのブログUpは今しばらくお待ち下さいませ(^-^;
Commented by tanokyu88 at 2012-08-27 17:01
先日はご来店ありがとうございました。
久しぶりにお元気な顔を見ることができました。
あの日はブロガーの特異日だったのでしょうか?
4組5名ものブロガーさんが集うのは圧巻でした。

お忙しいでしょうが、時間が出来たらまたお越しください。

Commented by つぶ at 2012-08-27 20:20 x
オクラのフリット、気になっていたんですよ~☆
それ以上に、こしたまさんのブログ見て気になったのは…↑のデザート!
何シャーベット??上に何がかかっているの~!??

気になって気になって、眠れそうにありません(←オーバー・笑)

たくさんのお仲間さんに会えて良かったですね♪
また田能久さんでお会いしましょう~(^^)/
Commented by koshi-tama at 2012-08-29 22:09
☆かおさん

喜び2倍、テンションも2倍です♪

僕も禁断症状が出てましたよ。
数ヶ月ぶりだったので^^;
Commented by koshi-tama at 2012-08-29 22:11
☆o_k_dさん

先日はお世話になりましたm(__)m
まさか高崎にいらっしゃるとは思いませんでした!
すごいビックリしました^^;

ブログアップ楽しみにしています^^
Commented by koshi-tama at 2012-08-29 22:12
☆田能久さん

先日はご馳走様でしたm(__)m
かなりご無沙汰をしてしまい、スミマセンでした^^;
また寄らせていただきます♪
Commented by koshi-tama at 2012-08-29 22:15
☆つぶさん

こちらのデザートも美味しかったですよ♪
梨のシャーベットです^^
詳しくはこちらをどうぞ。
http://tanokyu.gunmablog.net/e129545.html

また田能久さんでお会いできるのを楽しみにしています^^
Commented by okko at 2012-08-29 22:29 x
おーなーじー!と、思わず叫びたくなりました♪
オクラ、実は苦手なんですが、田能久さんのフリットには感動しました!
サクサク美味しかったですよね♪
次回はバッタリお会いできるといいですね。^^
Commented by koshi-tama at 2012-08-30 20:54
☆okkoさん

本当だー!と、僕も叫びたくなりました!!
オクラのフリット、本っ当に美味しかったですよね~♪
動楽市での超ニアミスもありましたし、次回はバッタリお会いしたいですね^^


<< 今万人珈琲のマンゴーオレンジソーダ      最近読んだもの2012(その3) >>